沖縄人

沖縄はいまでこそ日本に属していますが、もともとは日本人とは別の民族がつくっていた国で、「琉球」というまったく別の国が存在していました。

北海道と東北地方にいた蝦夷や九州にいた熊襲もかつてはヤマト民族とは別の民族として認識されていましたが、長い歴史のなかで同化されてしまいました。

北海道のアイヌに対しては簡単にはいかず、同化されることなく現在に至っています。

沖縄の場合、薩摩藩が1611年に属国としましたが、それでも日本と中国の双方に属するというのが当時の共通認識で、属国と言いながら国王もいました。

明治維新後に鹿児島県の一部となった後は琉球藩となり、1879年になって正式に日本の一部、沖縄県とされ、140年近くになります。

沖縄人は南方系の顔つきで、太くて濃い眉毛、浅黒い皮膚などの風貌でありヤマト民族とは違っています。

言葉も音楽も違いますし、自分たちのものの考え方には、ほかの県の人びととは違った特徴があると思っている沖縄人が多いです。

南方系の人にありがちなようですが、働くことはつらいと思っている人の割合が高く、景気不景気に関係なく仕事をしていない人が多くいて、それで困っているとか生きるか死ぬかの瀬戸際にいるという人は少ないです。

https://jiko-ask.com/search/pid:47